備蓄用パンはこれがベスト!おすすめ4選と保存のコツ

以前、備蓄食の代表は「乾パン」でした。ここ数年で備蓄食はとても進化し、食品の種類も増えて保存期間も延びています。中でも備蓄用のパンは、種類も味もとても豊富です。非常食として備蓄するだけでなく、日常的に食べたくなる備蓄用のパンをご紹介します。






1)備蓄用パンとは

「備蓄用のパン」とはどのようなものを指すのでしょうか?普通のパンとの違いをみてみましょう。

【1】長期保管ができる

備蓄用のパンは災害時などの非常食として、長期保管を目的として作られています。備蓄用として明確な決まりはありませんが、ほとんどは1年以上の保存期間があり、3年、5年という長期保存が可能な商品もあります。

【2】原材料・製造方法は?

使用する材料は基本的には通常のパンとほぼ同じで、加工食品として特別な材料は使われていません。しっとりとしたやわらかさを保つために、バターなどの油脂分が多めの甘い菓子パンタイプの商品がほとんどです。

製造方法はメーカーにより差異はありますが、缶詰として販売しているものが主流で、パン生地を缶に詰めて焼き上げます。缶の内部には窒素などの無害な不活性ガスを充てんし、脱酸素剤を封入するなどして劣化を防いでいます。災害時でも簡単に開けて食べられるように、缶はプルトップになっています。

【3】非常食としてのメリットとデメリット

いろいろな食品が非常食として商品化されていますが、パンを備蓄することの良い点・悪い点を挙げてみます。

(1)メリット

・食べる人を選ばない

小さな子供から高齢者まで、幅広い人が食べられます。離乳食期の赤ちゃんや自歯の欠損が多い高齢者でも、牛乳や水などの水分に浸すことで食べられる場合もあります。

・単独で食べられる

他におかずがなくても、パンだけでおいしく食べることができます。

・開けるだけで食べられる

非常時は、特別な道具がなくても開けられることは非常に重要です。備蓄用のパンは、プルトップ缶や袋を開けるだけで食べられます

・高エネルギーである

比較的油脂分を多く含むのでカロリーは高めです。パンだけでも効率よくエネルギーを補給することができます。

・甘い味に安心感が得られる

ストレスの多い非常時は、甘いものを食べることで精神的に安定するといわれます。甘い味のパンを食べることでホッとすることができます。

(2)デメリット

・保管場所をとる

パンが潰れないようにするため、多くの商品が缶詰です。備蓄する個数によっては、保管場所にある程度の広さを確保しなくてはなりません。袋詰めの商品もありますが、こちらもつぶれないように保管するには配慮が必要です。

・食物アレルギーのある人には注意が必要

主原材料が小麦粉・乳製品・卵であるため、食物アレルギーのある人には注意が必要です。

・甘いものが苦手な人には食べにくい

甘い菓子パンタイプの商品がほとんどなので、甘いものが苦手な人には食べにくい食品かもしれません。

乾パンを手で食べる

2)オススメその1:アキモトのパン缶ってどんなもの?

栃木県の製パンメーカー、株式会社パン・アキモトの備蓄用パンの缶詰です。この分野では先駆者的存在の商品です。「37か月の長期保管が可能・パンの缶詰の元祖・NASAが認めた安心品質」という3つを特徴に掲げています。

【1】アキモトのパンの缶詰 誕生までの道のり

株式会社パン・アキモトがパンの缶詰の開発を始めたきっかけは何でしょうか?

(1)パンの缶詰生い立ち

1995年に発生した阪神淡路大震災の時、パン・アキモトは、被災地支援のために焼き立てのパンを車に積んで現地に向かいました。ところが現地についてみると、持参したパンの半分以上は傷んでしまい、食べられる状態ではありませんでした。「やわらかくて長持ちするパンを作ってほしい」という、被災者の声から、パンの缶詰の開発が始まりました。

(2)パンの缶詰が注目されたのは

約1年をかけて完成したパンの缶詰ですが、当初はほとんど知られていませんでした。2004年に発生した新潟県中越地震の際、現地に届けたパンの缶詰を、被災者がおいしそうに食べている映像がテレビで放送されたことから、非常食としてパンの缶詰が広がりました。さらに2009年には、宇宙食としてスペースシャトルにも搭載されています。

【2】商品の種類・特徴

味のバリエーションがとても充実していて、全ての商品がオンラインショップで購入できます。また、栄養成分・原材料についてもホームページに掲載されています。

(1)PANCAN:おいしい備蓄食シリーズ

賞味期限は製造から37か月間です。オレンジ、ストロベリー、ブルーベリーの3種類の味があります。

(2)PANCAN:定番人気シリーズ・プレミアムシリーズ

どちらも賞味期限は製造から13か月です。定番人気シリーズはビターキャラメル、ミルククリーム、チョコクリーム、はちみつレモン、メイプルの5種類。プレミアムシリーズは那須高原バター、バニラミルク、トロピカル、紅芋、黒糖の5種類です。

(3)安心パン:プレーン

アレルギーのある人にも食べられる、卵・牛乳・大豆不使用の商品です。主な原材料は、小麦粉、ビートオリゴ糖、オリーブオイル、無乳糖食品(明治乳業ミルフィー)、パン酵母、食塩、ビタミンCです。賞味期限は6か月で他のパンの缶詰より短いですが、ローリングストックしたい商品です。

胡桃と全粒粉のパン

3)オススメその2:缶deボローニャとは?

ボローニャは屋台のパン屋さんとして、1993年に京都祇園で誕生しました。当初はデニッシュ食パンだけの販売でしたが「舞妓さんが並んで買う」と評判になりました。備蓄用の缶deボローニャは、2004年に発生した新潟県中越地震の発生をきっかけに、開発が始まりました。商品化されてからは海上自衛隊にも導入され、2007年から防災備蓄品として一般に販売が開始されています。

【1】缶deボローニャ:3年保存

3年保存が可能な缶入りのデニッシュパンです。プレーン、チョコ、メイプルの3つの味があります。デニッシュ特有の甘さとしっとりとした食感で、飲み物がなくても食べやすいパンです。

【2】備蓄deボローニャ:5年保存

こちらはデニッシュではなく、ブリオッシュタイプのパンです。デニッシュに比べて口当たりが軽く、しっとりとお菓子に近い甘さがあります。1缶に2個入りで、プルトップを開けると上下が逆さまに入っているので、直接パンに触れずに取り出すことができます。缶から取り出して、包み紙のまま電子レンジで少し温めると、さらにおいしく食べることができます。

4)オススメその3:尾西のひだまりパンを解説

「ひだまりパン」は、アルファ米のパイオニアである尾西食品の備蓄用パンです。

【1】尾西食品株式会社って何の会社?

尾西食品株式会社は、1932年にでんぷんの「アルファ化」加工技術を開発し、工業的にその方法を確立させました。1944年には当時の海軍の要請により、現在のアルファ米にあたる製品の生産を工業化させました。戦後も米を中心とする様々な製品の開発と製造を続け、2005年にはJAXA(宇宙航空研究開発機構)との共同開発で、アルファ米製品が宇宙ステーションで使われることが決まりました。このようにアルファ化米の開発から始まり、各種備蓄用食品の製造をしています。

【2】尾西食品3つの取り組み

尾西食品株式会社のブランド・タグラインは「尾西は安全と思いがけない幸せを提供します」と掲げて、次の3つの取り組みに力を入れています。

(1)アレルギー対応製品

食物アレルギーのある人が、非常時にも安心して食べることができるように、アレルギー対応の商品を製造しています。アレルギー対応の商品は完全に隔離されたクリーンブースで、専用の包装機で包装されます。残念ながら備蓄用パンのアレルギー対応商品はありませんが、アルファ米とライスクッキーにアレルギー対応の商品があります。

(2)環境への取り組み

環境省のエコアクション21を取得し、環境に配慮した取り組みを推進しています。また、賞味期限の切れたアルファ米をリサイクルする取り組みも行われています。

(3)技術開発

アルファ米のパイオニアとして、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙日本食プロジェクトに参画しています

【3】袋包装の備蓄用パン

ひだまりパンは缶詰ではなく袋包装です。環境への配慮から、缶に比べてゴミが少ない袋包装を選択しています。3年の常温保存が可能で、プレーン、メイプル、チョコの3つの味があります。

パネトーネ種に含まれる乳酸菌、および気密性の高い包材と脱酸素剤の封入によって、長期保管が可能となっています。

数種類のパン

5)オススメその4:缶入りソフトパン「AST新・食・缶ベーカリー」

アスト株式会社の商品です。「非常食でも美味しい」をコンセプトに作られた備蓄用のパンです。がこだわ「しっとり」「柔らかな」食感にこだわって作られています。

【1】アスト株式会社

もともとはトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙を中心に扱う日用雑貨の専門商社です。

缶入りソフトパン「AST新・食・缶ベーカリー」は全部で8種類の味があります。プルトップ缶を開けると、逆さまに入っているので直接パンに触れずに取り出すことができます。1缶に1個100gのパンが入っています。

【1】賞味期限3年の新・食・缶ベーカリーは4つの味

しっとり、やわらかな食感に、パン職人のこだわりが詰まっています。イチゴ、ミルク、チョコ、キャラメルの4種類の味です。

【2】賞味期限5年の新・食・缶ベーカリーには卵不使用の商品も!

「新・食・缶ベーカリー Egg Free プレーン」は、原材料に卵を使用していません。他に、オレンジ、コーヒー、黒糖の4種類は天然酵母を使用し、賞味期限5年を実現しました。

6)保存のコツを抑えよう!ポイントは4つ

長期保存が可能な備蓄用パンですが、保存方法によっては、本来の賞味期限を維持できないこともあります。いざというときに安全に食べることができなくては困ります。備蓄用パンの保管のポイントは何でしょうか?

【1】「常温保管」って何度のこと?

多くの商品が「常温保管」とされています。常温保管とは、1年を通じて日本の温度で、直射日光のあたらない、風通しの良い場所での保存のことです。日本工業規格では常温を20℃±15℃(5~35℃)の範囲として規定されていて、食料のほとんどの製品にこの規格が適用されています。しかし、この温度帯であっても急激な温度変化はできるだけ避け、一定の温度下での保管が望ましいといえます。

【2】水濡れは大敵!

缶の場合、缶がサビてしまうと穴が開くことがあるため、中身の品質に影響があります。直接水に濡れる場所はもちろん、結露の発生する場所も避けて保管しましょう。

【3】虫・小動物が来ない場所を選びましょう

ゴキブリなどの害虫はもちろんですが、虫や小動物が入り込むことで、包装・容器に損傷の可能性があります。保管場所によっては、虫よけなどを近くに置いておくのもよいかもしれません。

【4】分割保管

備蓄用のパンに限らず、災害用の備蓄品は、すべてを一か所にまとめておくのではなく、何か所かに分割して保管しておきましょう。万が一、建物の倒壊などがあった場合に、備蓄品の保管してある場所が下敷きになってしまうと、取り出すことができなくなってしまいます。また水害などの場合も、すべてが一度に水に浸かってしまうより、半分でも残れば役に立ちます。

フランスパン集合

7)備蓄用パンのQ&A

【Q1】長期保存が可能な缶入りのパン、賞味期限が切れたものを食べても大丈夫?

「賞味期限」はおいしく食べられる期限なので、賞味期限が1日過ぎたからといって、食べられなくなるわけではありませんが、それはあくまでも、保管状況が適切であった場合に限ります。缶の場合は、サビが出ていたり、穴が開いていたりしないか、袋の場合は、袋がパンパンに膨らんでいたりしないか、開封したときのにおいやカビなどが発生していないかなどを確認した上で、個人の責任において食べるよう

【Q2】どのくらいの量を備蓄しておけばいいの?

東京都では、1日3食×3日分/1人を推奨しています。経済面や保管場所に余裕があれば、7日分の備蓄ができれば望ましいともいわれています。

【Q3】「アキモト・リマインダーサービス」って何?

株式会社パン・アキモトが提供している、無料のサービスです。備蓄食の賞味期限を登録しておくと、賞味期限が切れる前にメールで知らせてくれます。詳細はパン・アキモトのホームページをご確認ください。






この記事のまとめ

【1】備蓄食は「おいしくなくても、災害時に我慢して食べるもの」というイメージではなくなっています。日常的に食べたくなるほどおいしくなっています

【2】各社とも、いろいろな商品があるので、食べ比べて、家族に会う商品を探してみましょう

【3】購入前には保管場所についても検討しておきましょう

【参照】

http://www.panakimoto.com/index.html

http://bolognemax.jp/bologneproduct/kandebologne/

https://www.onisifoods.co.jp/corporate/history.html

http://www.ast-corp.jp/corp/concept.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%B8%A9

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です