【2018年最新版】地震災害時に必要な非常食情報まとめ

皆さんご存知ですか?ごくごく小さいものも含め、「地震が起きたことのない場所」は存在しません。日本が地震大国だという言葉も聞いたことない人はいないほどではないでしょうか。今回はそんな非常時に欠かせない非常食やについての知識をご紹介します。






1)地震の時の非常食の選び方 ~ポイントとコツ~

【1】なぜ非常食を備えるのか

地震災害時に救援物資が届くまでおよそ3日から1週間、長ければそれ以上かかることも。その間、生き抜くために独自で食料や水を確保する必要があります。

近年の災害時に、物資は公的施設に届いているがそこから各施設への割り振り、配給ができず、結果なかなか物資がいきわたらないという事態も問題視されていました。それらの問題を克服するためにもやはり独自でしっかりと備えることにより悩みの種を一つ減らすことができます。

【2】避難生活によるストレスと非常食の関係

避難生活が長引けば長引くほどストレスというものは溜まっていきます。それをある程度緩和するのか、それとも更にひどくするのかという事を非常食によって左右することができます。ですからある程度想定、想像しながら非常食を備える事が大事になります。

2)地震のときに非常食は何日分あれば安心できる

【1】最低限必要な非常食は3日分!

先程も言いましたが、一般的に救援物資が届くまで早くても3日はかかります。もちろん多ければ多い方が安心ですが、場所の問題、金銭的な問題など、様々な理由で備蓄が難しい場合は最低でも3日分は確保しておく事をお勧めします。

【2】非常食の3つのステップ

(1)ステップ1:災害が起こった直後(発災~3日後)

この3日間は何かと落ち着かず、トラブルも頻発すると思います。ですからできれば、火を通したりお水を加えたりと手を全く加えずに食べる事の出来るものを用意しておくと安心です。

(2)ステップ2:やや落ち着きを取り戻した時期(電気が回復・約1週間後~)

3日が過ぎ、1週間がたってくると栄養の面が心配になってきます。3日分以上余裕をもって備蓄することができるなら、野菜や果物、など栄養面に気を使い、なるべくゴミが出ないような非常食を用意しておきましょう。

(3)ステップ3:日常へ向かう回復時期(約1カ月後~)

これぐらいの時間がたてば恐らく救援物資もいきわたり、温かい物を口にすることもできるはずです。しかしながらパンデミックや二次災害など思わぬ事態に備えておく事が重要なためまだまだ油断は禁物です。

水を包み込む手

3)地震災害のとき非常用のお水はどれくらい必要?

【1】子供と高齢者の「脱水」に気をつけよう

人間は体重の約2%の水分が失われただけで、喉の乾きや食欲低下などが現れ、約6%まで及ぶと頭痛やめまいなどの症状に襲われます。さらに10%まで失われると筋肉の痙攣、意識障害、腎不全など重篤な状態に至る可能性があるのです。

そして子供は不感蒸泄(発汗以外に呼気や皮膚などから知らないうちに水分が奪われる事)の量が大人よりも多く、腎臓機能もまだ未発達な上脱水症状に対する予備能力も低く築かない間に脱水症状に陥りやすいのです。

又、高齢者は喉の渇きを自覚しにくく、こまめにお手洗いに行くことが億劫だったり、と水分補給をしなくても大丈夫だと勘違いし気づかぬうちに脱水症状を引き起こしがちです。

更には加齢とともに高血圧や、不全の割合が高く、それらの治療薬には利尿効果のあるものも含まれるため水分補給を怠ることはとても危険です。

【2】生命維持に欠かせない「水」の備蓄方法

ペットボトルやウォーターサーバーなどをふだんからローリングストックするほか、水道水の汲み置きなどやり方は様々です。いずれにせよ賞味期限などに気を使い、水道水の場合は最低3日に一回は交換するようにすれば安心でしょう。

4)過去の地震体験からみる”非常食選び”の注意点

【1】「栄養」「ゴミ」に注意する

【2】栄養:塩分を取りすぎないバランスのよい食品

偏った食事、塩分の取りすぎは思わぬ弊害を引き起こします。災害がきっかけで高血圧など医師の診療を受けるような事態にならないためにもバランスの良い食事を心がけましょう。

【3】ゴミ:ゴミができるだけ出ないようにする。

災害時に普段のようなゴミの収集などは勿論ありません。それどころか処分にも一苦労することと思います。なのでなるべく使いきりサイズでゴミがかさ張らないものを選んでおくと安心です。

プロテインと軽量スプーン

5)何を備蓄する?地震時の非常食に求められる5つのポイント

【1】好物を備蓄する

避難生活がいつまで続くのか?は誰にもわかりません。そんな中で好物を少し混ぜておくことでストレス緩和に役立ちます。

【2】災害食は水分が少ないことを知っておく

勿論、長期保存が可能な非常食は普段の食べ物よりもかなり水分が少ないです。非常食入れ替えの時に試しに味見をしたりどんなものか知っておきましょう。

【3】使い切りサイズを選ぶ

避難場所には冷蔵庫や、無駄なスペースはありません。なるべく一回で食べきれるものを選んでおいた方が安心です。

【4】野菜や果物の加工品は大切

非常食だけの生活は自然と栄養が偏り勝ちになります。そんなことを見越して野菜や果物のフリーズドライなどを備蓄しておきましょう。

【5】サプリメントと粉状スポーツ飲料

こちらも食料で補給できない栄養を補うため、不足しがちな栄養のサプリメント、粉状スポーツ飲料などを用意しておくことをお勧めします。

 

いかかでしょうか?全ての準備をすぐにすることは難しいと思います。しかしある程度の知識を備え、いざという時の為に準備していきましょう。






この記事のチェックポイント

【1】最低でも3日分の食料、水を用意する

【2】避難生活では栄養が偏りやすい、なので食料以外にサプリメントなども用意する

【3】子供や高齢者は脱水症状を引き起こしやすい

【4】ゴミはなるべくださないような非常食を選ぶ

【5】ストレス緩和のために好物や甘いものも用意する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です