非常食にゼリーを!おすすめ商品10選と自宅で作る方法

非常食にゼリーが良いと評判です。どうやら、ゼリー飲料のことらしいのです。パウチタイプですぐに飲める以外にも非常食にはピッタリとか。それなら自宅でも作れたらいいのに!そんなあなたを応援します。飲むタイプではありませんが、ゼリー作りで非常食クッキング・デビューはいかかでしょう。






1)非常食にゼリーが良い理由

あなたがゼリー飲料を飲む時はいつですか。食べる時間がない時よりは、食欲がないとか、水分補給をしたいけど飲み物ばかりはツライとかそんな時ではないでしょうか。そして、非常食を食べるときは、食欲はないけど、何か食べなきゃと水分補給も兼ねて口にする時。また、災害発生時で精神的にツライ時です。ゼリー飲料を飲む理由と、非常食を口にする時はぴったりと重なります。これは偶然ではなく必然です。具体的にご説明しましょう。

【1】理想の非常食

非常食は災害発生時から支援活動が本格化するまでの間の食事です。調理不要、食器不要、最悪の場合立ったままで食べることも想定されます。栄養補助食品の高カロリータイプのものや、バータイプがおすすめ食品として紹介されています。そして、もう一点強調されるのが、水分補給です。飲料水の備蓄を強く勧められますが、実際に持ち出すとなると、かなりの量と重さになります。「できれば、カロリーやミネラルなどの栄養も摂取できて、一緒に水分が取れたらいいな」って思います。

食欲のない時に、水分補給も兼ねて手軽に口に入るもの。それがゼリー飲料です。食べるカップゼリーですと、どうしてもスプーンも必要になります。ところが飲料タイプですと、パウチパックがほとんどで、ペットボトルの飲料水に比べて小さく、飲みきりサイズです。もちろん、携帯も簡単で、各社から特徴のある商品が発売されていますので、好みや目的に合わせて選べることも魅力です。

【2】非常食の置き換え

非常食を揃える時、ビタミンの補給に缶詰やレトルトパウチの果物をおすすめします。アドバイザーの方によっては水分補給も兼ねて、甘味あっさりタイプであれば、シロップも飲むことをすすめられる方もあります。そこで、ゼリーの出番です。この場合は飲料タイプではなく、果肉が入ったデザートタイプです。ぷるぷるとしたゼリーの中に、たっぷりの果肉が入ったタイプや、ナタデココが入ったものなど、お好きな方も多いと思います。考えてみれば、缶詰やレトルトの果物をシロップごとゼリーで固めたことと同じです。シロップ全部は飲めないけど、これなら大丈夫の方も多いと思います。

また、食欲がない時でも、デザートなら食べられます。非常食は食べ慣れたものが基本です。ローリングストックで非常食を食べ慣れることも大切ですが、普段食べているものを非常食に取り入れることも忘れてはいけません。大きいサイズのカップゼリーは、重さもしっかりありますが、ペットボトルと果物の缶詰をまとめて置き換えた非常食ととらえれば、ゼリーを非常食に加えることは、かなり良い選択といえます。

買い物する女性

2)市販で購入できるおすすめのゼリー10選

【1】ゼリー飲料:カロリー摂取を目的

(1)森永製菓:INゼリーエネルギー・159円(税込)

日本でのゼリー飲料の先駆け的存在です。この他に、プロテイン・マルチビタミン・マルチミネラルなどがあります。

内容量180G

エネルギー180KCAL(エネルギー以外の商品は90KCAL)

(2)大塚製薬:カロリーメイトゼリー・210円(税込)

フルーティーミルク味・アップル味・ライム&グレープフルーツ味の3種類です。姉妹品として、ファイブミニゼリー(フルーツ味)・エネルゲンゼリー(オレンジ味)・ジョグメイト プロテインゼリー(パイナップル味)があります。

内容量215G

エネルギー200KCAL

(3)味の素:アミノバイタルパーフェクトエネルギーゼリー・178円(税込)

アミノ酸と糖質を含んだ小容量のゼリー状エネルギー補給食品です。運動直前摂取がおすすめです。この他に、アミノバイタル アミノショット パーフェクトエネルギー45G(エネルギー109KCAL)もあります。

内容量130G

エネルギー180KCAL

(4)明治:メイバランスソフトjELLYシリーズ・238円(税込)

高齢の方は、どうしても食が細くなってしまいます。非常食として少しでもカロリーとタンパク質など栄養を同時に取りやすいものとして、おすすめです。果物をヨーグルト味で仕上げてありますので食べやすく、また、押しやすく吸いやすいパウチ容器ですので、むせることもありません。そして、量が少ないので、飲み残しの心配もありません。コンビニでも取り扱っています。

はちみつヨーグルト味・バナナヨーグルト味・ぶどうヨーグルト味・ヨーグルト味・ピーチヨーグルト味・パインヨーグルト味・ストロベリーヨーグルト味・マスカットヨーグルト味があります。

内容量125ML エネルギー200KCAL

賞味期限240日

【2】ゼリー飲料:カロリー摂取以外を目的

(1)大塚製薬:оs-1 オーエスワンゼリー(経口補水液) 205円(税込)

経口補水液はハイポトニック(低浸透圧)飲料で、水分・電解質がスピーディーに、効率よく体内に吸収されます。脱水症状が疑われる場合に、効果的です。

内容量200G

エネルギー20KCAL

(2)カゴメ:野菜生活100 1食分の野菜ジュレ30品目の野菜と果実 162円(税込)

1食分の野菜120Gを使用し、30品目の野菜と果実が摂れ、食事のバランスを整える健康ジュレです。

内容量180G

エネルギー80KCAL

(3)ハウスウェルネスフーズ:ビタミンレモンゼリー 168円(税込)

みずみずしい食感のc1000ブランド。ビタミンcをしっかりチャージしながら、小腹も満たすことができます。感染症の予防やストレスが強い時の味方です。

内容量180G

エネルギー100KCAL

賞味期限 1年

(4)たらみ:おいしい蒟蒻ゼリー・108円(税込)

低カロリーで食物繊維入りです。果汁とピューレを使用し、果汁感たっぷりの仕上がりです。やや弾力がありのど越しのよい食感を楽しめます。ブドウ味・ピーチ味・リンゴ味・マスカット味・マンゴー味があります。

内容量150G カロリー42KCAL

賞味期限 製造後360日

【3】カップゼリータイプ

(1)ブルボン:くだものいっぱいゼリー ヨーグルトデザート アロエ・162円(税込)

手軽にアロエを楽しめるヨーグルト風味のカップデザートです。この商品の他に、ミックス・みかん・白桃・ぶどう・マンゴーがあります。また、果実のご褒美シリーズはゴールデンパインなどもあります。

内容量160G

エネルギー109KCAL

(2)キューピー:ベビーデザート 野菜ミックスのフルーツジュレ・129円(税込)

自分で食べる意欲を応援するデザートです。12か月のお子さんくらいからおすすめです。このシリーズは果物が中心ですが、野菜ミックスをお勧めする理由は、おやつにも野菜が取り入れられることです。この他に、ももとりんご・マンゴーともも・いちごとぶどう・にんじんとりんご・トマトとりんご・3種のくだものがあります。

内容量70G

エネルギー58KCAL

メロンゼリーとスプーン

3)ゼリーと寒天は似て非なるもの?

ゼリーは動物性由来のもので、寒天は植物性由来の材料で作られます。

【1】ゼリーとは

ゼラチンを使って水分を固めます。ゼラチンは動物性(牛骨)でコラーゲンを多く含みます。プルプルとした食感で、料理ではコンソメジュレなどにも使われます。その特徴は、夏の常温では固まらず、溶けてしまうことです。逆に冬は溶けません。魚や肉の煮汁が、冷蔵庫に保存すると固まって「煮凝り」になってしまうことがあります。まさに、ゼラチンの成分で固まってしまったのです。

ですから、ゼリー作りのポイントはゼラチンが解ける温度であれば沸騰させる必要はなく、かといって、冷やさなければ固まりません。そして、食べる直前に冷蔵庫から出さなければ、溶けてしまうこともあります。逆に、口に入れば自然に溶けてしまいます。また、煮凝りですので、痛風の方は僅かですが、症状を悪化させる可能性があります。

【2】寒天とは

寒天は天草(テングサ)という海藻を煮て、煮汁を冷やしたものを乾燥させたものです。煮汁は透明ですが、少し黄色がかっています。高級品は天草だけで作られていますが、加工しやすいので、天草の他に、驕海苔(オゴノリ)を混ぜたものも多く出回っています。冬に天日干しで乾燥させるため、気候が適している海のない長野県で主に生産されます。

寒天の食感はゼリーに比べるとサクッとしていて、角切りなどに切って使われることが多いです。特徴は常温で固まり、溶けません。水溶性食物繊維を多く含む食品としても知られています。保水力が高く、食べた後体温を下げる効果があります。調理する際は、必ず沸騰させて、完全に溶かすことが大切です。沸騰後数分かかりますが、固まってしまうと、溶けることはないので、切ったり、型抜きしたりと飾り付けを楽しむこともできます。

【3】こんにゃくゼリーとは

こんにゃくゼリーは、グルコマンナンというこんにゃくに含まれる水溶性食物繊維を使用して、作られています。こんにゃくはこんにゃく芋を加工して作るので、糖質を多く含みます。

オレンジのゼリー

4)非常食クッキング:ポリ袋でフルーツ寒天

災害発生時など電気やガスの供給がストップし、断水になるなどインフラに被害が発生した場合、耐熱性のポリ袋(岩谷産業:アイラップなど)で調理することができます。実際、カセットコンロと鍋を使用するだけで、ご飯を炊くこともできます。今回は、鍋に湯を沸かした時、なべ底にポリ袋がはりつかないように、パスタ鍋を使用します。できればトング(100円ショップにあります)を準備すると、熱いものを取り出す作業が簡単にできます。

【1】ペットボトル飲料を使って(2~3人分)

・材料

フルーツジュース400~450ML(ペットボトル1本)、粉寒天4G(1包)

・作り方

1. フルーツジュースに粉寒天を入れ、蓋をして30~50回よく振る。途中で底に粉が残っていないか確認しながら、溶けるまでしっかりシェイクします。

2.ポリ袋に1を注ぎ入れ、中の空気をできるだけ抜いて、輪ゴムでしっかりとめます。

3.鍋に2と、たっぷりの水を入れて、中火~強火で熱し、沸騰後15~20分煮ます。

4.3を取り出して、(冷水にとって)完全に固まるまで待ちます。

5.冷えて固まったら、バットなどにあけてスプーンで器に盛りつけます。

ポイントはジュースはリンゴ・ミカン・ブドウがおすすめです。レモンは不向きです。沸騰した鍋に入れても大丈夫です。沸騰が続くことが大切です。冷やす水がなければ、常温に放置しておきます。コーヒー飲料でも同じ分量で作ることができます。無糖・カフェオレ・砂糖入りどれでも作れます。食べるときに、コーヒーフレッシュ・ガムシロップをお好みでどうぞ。

【2】フルーツ缶を使って(6人分)

・材料

フルーツ缶 1缶(シロップも含めて200G)、砂糖大さじ2、水100ML、粉寒天4G(1包)

・作り方

1.耐熱性ポリ袋に材料を全部入れます。空気を抜いて、袋の口を上の方で固く結びます。

2.水を入れたパスタ鍋に1を入れ、火にかけ沸騰させ、5分程度加熱します。

3.鍋から取り出し、袋のまま、冷やし固めます。

4.固まったら、スプーンなどで取り分けて、器に盛ります。

ゼリー フルーツ

5)野菜ジュースゼリー

ここからは、日常生活で野菜ジュースを使ったゼリー作りです。ポリ袋クッキングではありませんが、いろいろなゼリー作りを楽しんでください。

【1】野菜ジュースのフルフルゼリー

・材料

野菜ジュース(できれば果汁入り)300ML、粉寒天小さじ1

・作り方

1.小鍋に材料を全部入れてから火にかけ、沸騰したら弱火にします。

2.2分程度ゆっくりかき回しながら加熱し、寒天を完全に溶かしてから火を止めます。

3.粗熱がとれたら、容器に入れて冷蔵庫で冷やします。

食べるときに、ヨーグルトやドライフルーツでトッピングをお楽しみください。

甘味が足りない時には、食べるときにお好みでハチミツをどうぞ。

【2】野菜ジュースでフルーツゼリー(3人分)

・材料

野菜ジュース250ML、粉末寒天2G、お好みのフルーツ

・作り方

1.鍋に粉末寒天と野菜ジュースを加えて火にかけます。

2.よくかき混ぜながら加熱し、沸騰したら、火を止めます。

3.お好みのフルーツを食べやすい大きさにカットして加え、粗熱をとります。

4.容器に注ぎ分けて、冷蔵庫で冷やします。

料理をする女性

6)食べる水分~命のゼリー

その昔、まだ熱中症が一般的ではなかった頃、高齢の方の水分摂取は施設の職員の方にとって、夏の切実な課題でした。飲料で摂取してむせたり、飲むこと自体を嫌ったり、しかし飲まなければ命にかかわります。そこである施設で水ゼリーを作って、嚥下障害の方にお出ししたところ、好評でした。嚥下障害の無い方々にも、夏のおやつの間の水分補給として大人気となりました。このことを「命のゼリー」として、全国に発信されたことがありました。

今は、経口補水液など便利な商品もたくさんありますが、家でゼリーとして「食べる水分」は、高齢の方だけではなく、赤ちゃんや小さいお子さんの水分補給にも欠かせません。今回ご紹介するレシピはその時のものとは異なりますが、お試し下さい。

【1】水ゼリー

・材料

水250ML、粉末ゼラチン5G

・作り方

1.タッパーに水を入れ、電子レンジで2~3分加熱します。

2.1にゼラチンを加えて、泡立て器で混ぜます。

3.粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やします。

4.器に盛りつけ、お好みで砂糖やきな粉をどうぞ。

・使用する水を軟水、硬水と変えると味も変わります。

【2】麦茶ゼリー

・材料:麦茶1パック、熱湯300ML、粉寒天2G

・作り方

1.麦茶1パックに熱湯をかけ、コーヒーのようにドリップして麦茶をつくります。

2.小鍋に1を入れ、沸騰したら粉寒天を入れます。ダマにならないようにしっかり混ぜて溶かし、2分間加熱します。

3.火を止めてからも、溶け残りがなくなるまで混ぜ続けます。

4.容器に注いで、固めます。常温でも1時間弱で固まります。

キッチンに立つ女性

7)非常食ゼリーに関するQ&A

【Q1】ところてん(心太)と寒天の違いは何?

ところてん(心太)は、天草を煮た煮汁を固めて、ところてん突きでついたものです。三杯酢で食すことが多いのですが、場所によっては黒蜜で食されることもあります。簡単に言うと、ところてんを乾燥させたものが、寒天です。

【Q2】寒天の固さと水の量を教えて

寒天は現在、粉末寒天・糸寒天・棒寒天の形で販売されています。扱いが手軽なことから、粉末寒天がよく使用されます。寒天メーカーのサイトでは、以下の分量がほぼ同程度の凝固力と表示しています。

粉末寒天1包4G=糸寒天8G=棒寒天1本8G

粉末寒天4Gに対して、水500ML 固め

粉末寒天4Gに対して、水600ML 絹ごし豆腐の柔らかさ

一方、料理サイトでは以下のような表示です。粉末寒天の量が寒天メーカーのサイトと異なりますので、ご注意ください。

粉末寒天2Gに対して、水分量300G 普通の固さ

粉末寒天2Gに対して、水分量400G プルプル

粉末寒天2Gに対して、水分量500G ゆるゆる

ジュースやスープなどを使用することを想定して、水分量を重量で表示しています。水であれば、容量と重量は同じです。(水300Gは300ML)また、好みや感覚の違いもありますので、おおよその目安とお考え下さい。ポリ袋クッキングの時は、袋に入れた状態で加熱しますので、蒸発による水分量の減少がありませんので、500MLを少し減らして調理しています。

参考までにゼラチンは水分量の2~3%を使用します。これは板ゼラチンも粉ゼラチンも変わりません。ただし、板ゼラチンはふやかす水は分量外で計算します。粉ゼラチンはゼラチンの4~5倍の量の水で10分間ふやかし、この液体ごと入れますので、固める方の液体はふやかす水分量を除いた量を準備します。

【例】出来上がり1000MLのコーヒーゼリーの場合

・粉ゼラチン20G、ふやかす水100ML、コーヒー(60℃くらい)900ML

・板ゼラチン20G、ふやかす水 適量、コーヒー(60℃くらい)1000ML

【Q3】ゼリーのレシピにアガーってあったけど何?

アガーは、植物性原料(カラギーナンという海藻)で作られたゼリーの素です。透明度の高い、光沢のあるゼリーができる・短時間でゲル化し、室温で溶けない・ゼラチンを使用したゼリーより離水が多い。特徴はこの3点です。

調理するときの注意点は、

・アガーと砂糖をよく混ぜ合わせておく。溶けるときにダマになりにくくなります。

・90℃くらいまで加熱した液体に、砂糖と混ぜたアガーを振り入れて、混ぜます。

・砂糖を使用しない場合は、液体を攪拌しながら、徐々にアガーを加え、混ぜてから加熱します。

・使用料の目安は液体量の1~2%で、必ず90℃以上に加熱します。

・粗熱がとれたら、冷蔵庫で固める。固まりかけで揺らすと、固まらなくなってしまいます。






この記事のポイント

【1】非常食にはゼリーが良く、特にゼリー飲料は水分補給も兼ねておすすめです

【2】ゼリーは飲料タイプ・カップタイプとも様々で、目的や好みで選んでください

【3】ゼリーの材料はゼラチン、寒天は天草で、ほかに蒟蒻や海藻由来のものがあります

【4】非常食クッキングではポリ袋とフルーツ飲料や缶詰を使ってゼリーを作れます

【5】水ゼリー・麦茶ゼリーなど、食べるゼリーで水分補給をしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です