【タイプ別】保存食に最適な5種類の容器と比較まとめ

これから保存食の作り置きを始めようとしたときに、まず迷ってしまうのがその方法と容器です。用途に合った製品を選ばないと、せっかくの食材を傷めてしまう場合もあります。今回は代表的な素材の保存容器と、その特徴のまとめをお伝えします。






1)保存食の容器を使い分けよう!代表的な5タイプとは?

【1】耐熱ガラス容器

(1)メリット

・油汚れが落ちやすく、匂い、色が移らない
・熱に強く長く使える
・フタごと電子レンジ使用可能
・オーブン、食洗機もOK
・中身が見えるので冷蔵庫に保存するときもメモ書き不要
・フタを外してそのまま食卓に出せる

(2)デメリット

・衝撃に弱い
・液体や流動食の冷凍保存は、膨張で破損する恐れがある
・直火やIH調理器での加熱不可
・電子レンジ加熱に時間がかかる
・洗浄で細かいキズが付くと、破損・破砕の要因となる

【2】耐熱プラスチック容器

(1)メリット

・電子レンジ・食洗機使用可
・軽量なのでレンジ調理が短時間で済み、電気代も節約できる
・中身が見えるので冷蔵庫に保存するときもメモ書き不要
・フタがしっかり閉まるので中身がこぼれにくい
・軽くて扱いやすいので調理時の受け皿としても使える
・耐熱ガラスに比べて価格が安い
・重ねて収納しやすくサイズが豊富
・作り置き初心者の方におすすめ

(2)デメリット

・油汚れが落ちにくい
・オーブン使用不可
・食材の色や匂いが移りやすい
・そのままでは食卓に映えないデザイン

【3】ホーロー容器

(1)メリット

・オーブン・直火・食洗機使用可
・熱伝導率が高い
・そのまま食卓に出せるルックス
・油汚れが落ちやすい
・食材の匂い、色が移らない
・雑菌に強く衛生的
・見た目が良いのでインスタ映えする(写真写りが良い)

(2)デメリット

・電子レンジ使用不可
・容器が不透明で中身が見えないのでメモが必要
・表面はガラス質のため、落下や衝撃に弱い

【4】ジップロックなどの密閉型の袋

(1)メリット

・冷凍保存、電子レンジ解凍可能
・強力なジッパーで密閉度が高い
・液状のものも保存可能
・空気が抜きやすく・入りにくい構造
・中身が見やすい透明素材
・食材の小分けに便利
・様々な食材の形にフィット
・サイズが豊富

(2)デメリット

・電子レンジ加熱不可
・製品寿命が短くコストがかかる
・小分けするのに手間がかかる
・そのままでは料理が見栄えしない

【5】ラップ

(1)メリット

・水分を逃がさず、また乾燥を防ぐ
・密閉性が高く匂いが漏れない
・どんな形にも対応できて最小限のサイズにできる
・そのまま電子レンジにかけられる

(2)デメリット

・破れやすい
・使い切りでコストがかかる
・外圧に弱く中身が変形しやすい
・液体の保存に向かない
・一度閉じてしまうと開封しにくい、めくりにくい

青いフタのタッパ

2)保存食の容器を選ぶポイント9選

【1】ポイント1:しっかりと密閉できる

保存したいものが汁物だったり、または匂いが付きやすい物の場合は、密閉度がポイントとなります。保存する場所を汚さない事にもつながりますね。密閉の精度によっても保存できる食材の幅が変わってきます。

【2】ポイント2:サイズにバリエーションがある

保存食のサイズや状態、量に応じて最適な容器が選択できれば収納もしやすくなります。柔軟に対応できるバリエーションの豊富さも、重要な選択肢となります。

【3】ポイント3:ライフスタイルにあった機能が備わっている

保存から電子レンジでの温め、そのまま食卓へというお手軽さが欲しい場合、休日にはアウトドアでキャンプという方の小分けに便利なタイプなど、明確な目的があれば、それに応じた品選びが必要です。また加熱する場合に直火なのかIHなのかといった環境によっても、選ぶべき容器が変わってきます。

【4】ポイント4:長く利用できる

長期的にコストを安く抑えたい場合は、耐久性が高い容器を選ぶのが得策でしょう。

【5】ポイント5:中が見える

クリアな素材ならフタを開けなくても中身が確認できるので、わざわざ容器に記載する必要もなく、また冷蔵庫に収納した状態で積み重ねてあっても中の確認が容易です。

【6】ポイント6:電子レンジOKである

調理器として非常に便利な電子レンジ。しかし使える容器は限られており、間違って使用すると大変危険です。また電子レンジ使用可能であったとしても、素材によっては温めに要する時間が変わってきますので、慎重に選ぶ必要があります。

【7】ポイント7:冷凍OKである

液体や流動食系の食材は、冷凍した時に膨張します。よって硬質な容器や低温に弱い容器はNGとなり、柔軟性と低温耐性のある素材を選ぶことになります。

【8】ポイント8:食洗器OKである

あると便利な食洗機ですが、素材や形によっては洗えないものもあります。フリーザーバッグやラップは当然洗えませんね。

【9】ポイント9:収納がしやすい

積み重ねやスタッキングできる設計になっていれば、冷蔵庫内の整理、および使わない時の収納に便利です。コンパクトさや軽さというのもメリットになるでしょう。

瓶で保存する

3)保存容器をどこで購入するのが良い?違いや特徴とは?

【1】ガラス容器

(1)WECK(ウェック)

ガラスキャニスター モールドシェイプ

100年の歴史でユーザーに愛され続けるドイツのガラスメーカー。いちごのシルエットがトレードマークで、薄緑色のアンティークなデザインが人気を博しています。

オプションのパッキンとクリップを使用することで、強力な密閉力を発揮します。また煮沸消毒が可能で、雑菌の繁殖を予防できます。バリエーションが豊富なのも魅力です。

<内容>

素材   :ガラス
耐熱温度差:80度
生産国  :ドイツ
食器洗い機:使用不可

(2)セラーメイト(密封瓶)

ガラス製品の製造・販売の老舗「星硝子株式会社」が手掛ける国産ブランド。

金属部は錆びにくくて丈夫なステンレスを採用。各パーツは分解して洗うことができるので、衛生面も安心です。

<内容>

材質  :ガラス
金具  :ステンレス
パッキン:シリコンゴム

(3)iwaki(イワキ)

パック&レンジ

Amazonのランキングで安定して上位に位置するのがこの製品。各サイズを揃えたシステムセットもあるので一気に揃えたい方にも便利。

フタをしたまま電子レンジで使用可能、フタを外せばオーブンでの使用が可能です。直火不可。

<内容>

本体:耐熱ガラス
フタ:ポリプロピレン(耐熱温度:140℃)

(4)カインズ(耐熱密封容器レクタングル)

フタは半透明でパッキンによる密閉タイプで4面ロック。通気弁があるので、フタをしたまま電子レンジで使えます。

<内容>

本体  :耐熱ガラス
フタ  :ポリプロピレン(耐熱温度120℃)
パッキン:シリコン(耐熱温度200℃)

(5)ニトリ(耐熱ガラス保存容器)

フタは4面ロック、パッキン付きで密封可能。フタを外せばオーブンと電子レンジでの使用が可能。食器洗浄機にも対応。

<内容>

本体  :耐熱ガラス
フタ  :ポリプロピレン(耐熱温度120℃)
パッキン:シリコン(耐熱温度260℃)

(6)100円ショップ(ダイソー):耐熱ガラス食器(密閉)

フタは4面ロック、パッキン付きで密封可能。フタを外せばオーブンと電子レンジでの使用が可能。食器洗浄機にも対応。なんといってもコストパフォーマンスの高さが魅力です。

<内容>

本体   :耐熱ガラス
フタ   :ポリプロピレン
パッキン :シリコン
耐熱温度差:120℃

【2】ホーロー容器

(1)野田琺瑯

ホワイトシリーズ

80年の歴史を誇るホーロー一筋の老舗ブランド 。熟練職人の手作業で生まれる製品は、品質の高さにも定評があります。

日本の食卓に合った使いやすいサイズをラインナップ。使い方に応じてフタを選択できて、スタッキングにも対応。冷凍・オーブン・直火可。電子レンジ・IHコンロ使用不可

<内容>

本体  :琺瑯
シール蓋:EVA樹脂

(2)無印良品

液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器

フタのバルブ(弁)で密閉状態を作ることができ、匂いや液漏れを防ぎます。

耐久性、保温性、耐熱性にすぐれたホーロー素材。

統一されたモジュールにより、重ねて収納できます。電子レンジ使用不可。

<内容>

原産国:タイ
外寸     :約幅11.5×奥行19×高さ5cm
重量(梱包材含む):約320g
内寸     :内寸約8×15×3.0cm
容量     :容量約630ml
内容成分   :ホーロー用鋼板
食洗機使用可否:否
対応熱源   :オーブン:可

【3】プラスチック容器

(1)無印良品:フタをしたまま電子レンジで使える「バルブ付き密閉保存容器」

エンジニアリングプラスチック素材で耐熱耐冷温度に優れた保存容器です。透過性が高く内部の視認良好。フタのバルブ(弁)により、そのまま電子レンジで使用可能(耐熱温度140℃、耐冷温度-20℃)。

<内容>

原産国:日本
外寸  :外寸約120×200×80mm
重量(梱包材含む):約190g
内寸  :内寸約95×165×55mm
容量  :約950ml
内容成分:ポリメチルペンテン、ポリプロピレン、シリコーンゴム

<本体>ポリメチルペンテン

<フタ>ポリプロピレン

<バルブ、パッキン>シリコーンゴム

抗菌加工   :無
食洗機使用可否:否
電子レンジ・オーブン使用可否:レンジ可・オーブン不可

(2)Ziploc(ジップロック):ジップロック®コンテナー

各サイズにおける寸法に統一性がり、組み合わせて使ってもデッドスペースが生まれません。またスタッキング機能も備えています。フタの中央を押すことで、パチンと簡単に閉まるワンプレスロックが特徴。冷凍・電子レンジ可

(3)Daloplast (ダロプラスト):ストレージコンテナー

スウェーデンを代表する樹脂メーカー。北欧らしいすっきりとしたスクエアデザインと使い勝手の良さが人気です。凹凸のないフラットなフタにより重ねた時にも安定感があり、スタッキングにも対応。冷蔵庫や棚のスペースを無駄なく使えます。

<内容>

生産国:スウェーデン
本体 :ポリプロピレン
蓋  :ポリエチレン

【耐熱温度】

本体(ポリプロピレン):-40~120℃
蓋(ポリエチレン):-30~90℃
食器洗浄機:○
電子レンジ:○

※フタは食器洗浄機、電子レンジ使用不可。

(4)100円ショップ(ダイソー):ロックポット

フタが90度に立ち固定するので、中の物が取り出しやすい設計となっております。フタは取り外しも可能で、洗いやすいのもポイントです。同形状のロックポットは重ねて収納できます。ハンドル付きもラインナップ。食洗機・電子レンジ不可

非常食 保存

4)保存する食品ごとの適した容器とポイントの例

【1】ご飯の保存

(1)冷蔵

残りご飯を冷蔵庫で保管する場合は密閉して水分の蒸発を防ぎます。保存の目安は2日程度。冷凍ご飯の解凍と同じく、水またはお酒を少量加えて電子レンジで加熱すると、美味しくいただけます。

容器は電子レンジ対応のジップロックコンテナーがおすすめです。

(2)冷凍

なるべくなら炊きたてを冷凍できれば美味しさを逃しません。熱いうちに一膳分ずつ小分けにして、専用容器かラップに包みます。容器はラップ、または冷凍・レンジ対応のジップロックコンテナーがおすすめです。

【2】離乳食の保存

冷凍ではリッチェルのわけわけフリージングのブロックトレー。Amazonでも評価の高い、プラスチック製品の製造・販売の大手メーカー株式会社リッチェルの容器です。作り置きに便利な離乳食用小分け冷凍トレー。積み重ね、電子レンジに対応。

<内容>

製造国:中華人民共和国
素材 :ポリプロピレン

【3】カレーの保存

(1)冷蔵

カレーの冷蔵保存方法は2~3日程度が目安です。保存容器にカレーを移したら、しっかりと粗熱を取ります。細菌の繁殖を防ぐため、冷ましたらなるべく早く冷蔵庫に保管しましょう。

(2)冷凍

1か月が保存期間の目安になりますが、冷凍していても酸化などにより少しずつ劣化してしまうので、味を優先するなら2週間を目処にしてください。保管は、匂いや色移りがなくそのまま電子レンジへ直行可能な耐熱ガラスがおすすめです。

【4】乾物(のり、昆布など)

開封した残りは乾燥剤と一緒にジップロックに入れ、冷蔵庫で保管しましょう。使う時は前もって冷蔵庫から出しておき、常温に戻してから開封することで、温度差による湿りを防げます。

【5】お弁当用のお惣菜

無印良品フタをしたまま電子レンジで使える「バルブ付き密閉保存容器」がおすすめ。また「ジップロック®スクリューロック」です。軽量で使いやすいプラスチック容器がおすすめです。電子レンジ使用可でサイズも豊富、重ねて収納しやすいのが特徴です。作り置き初心者の定番品です。

【6】ペットフード(ドライフード):アイリスオーヤマ:密閉容器「MY-3」

フタの内側に除湿剤を取り付けられるメッシュケースが付いており、スコップも収納可。パッキンとバックル付きで、高い密閉性が保たれます。

5)保存食の容器についてのQ&A

【1】買い置きのペットボトルを保存する容器(ケース)はどこで購入するのが良い?

ホームセンターでキャスター付きの収納ボックスというのが最も汎用的です。クリアタイプなら中身も見えます。500mlサイズペットボトルならワゴンもおすすめです。また少量なら100均のファイルボックスでも代用できるでしょう。

【2】乾物・粉類の収納場所はどこが良いですか?容器はどのようなものが良い?

なるべく中身が見えるケースに保管し、料理する時になるべく手の届きやすい場所というのが最も効率良い良いですね。

【3】日持ちするお弁当のおかずはどのようなものがある?保存方法は?

ハンバーグ、唐揚げ、チンジャオロースーは冷蔵5日間、きんぴらごぼう、筑前煮、ひじき、カレー、牛肉のしぐれ煮は、冷蔵7日間が保存の目安です。

【4】夏の食品の保存についてのポイントを教えて

食材を触る前に手洗いをしっかり行い、清潔な容器に入れてすばやく冷蔵、または冷凍しましょう。食中毒の原因菌によっては、アルコール消毒では十分に殺菌できない場合もありますので、油断しないことです。

【5】食中毒に絶対になる食べ物って何?

食中毒の原因菌トップはノロウイルスですが、このノロウイルスが原因と特定できた食中毒でトップの食材は不明となっております。つまりどんな食材でも食中毒の原因になり得るということですね。






この記事のチェックポイント

【1】じょうぶで食卓にも出せるものを長く使いたいなら、耐熱ガラス容器

【2】レンジ調理で時短・節約したいなら、耐熱プラスチック容器

【3】見た目にこだわるなら、ホーロー容器

【4】柔軟性が高いのはジップロックやラップ

【5】食洗機が使用可能かも確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です