地震に備えて!家庭での備蓄したい1週間分リスト

東日本大震災、熊本地震と大地震が続く日本。首都直下型地震や南海トラフ地震などへの関心も高まる中、地震への備えはできていますか。大地震など大規模な災害が起こると、ライフラインはストップし、道路が寸断されるなどで物流も滞ります。自宅が無事でも、食料や日用品などの物資も購入できなくなるでしょう。災害発生から3日間は人命救助が優先されるため、支援物資もなかなか届かないことが予想されます。地震への備えの一つ、備蓄についてお話します。






1)備蓄は最低3日分!できれば1週間分を

大地震に備えて、水や食料、日用品はどのくらいの量を備蓄すればいいのでしょうか。政府は、最低でも3日分、望ましいのは1週間分の備蓄としています。

大規模災害発生時は交通事情や被災状況などの情報不足で、支援物資も被災地全体に同時に均等に配布されるとは限らず、過去の地震でも、地域や避難所によって物資が届くまでの日数にかなり差がありました。

自宅が生活できる状態であれば、1週間分の備蓄によって、混雑してストレスフルな避難所での生活を回避、自宅避難ができます。また、地震に備えて備蓄をする時に、すべてを非常用の防災用品で揃えると数量も多く、置いておくスペースに困りますし、コストもかかりますね。日常使用しているものを多めにストックし、使った分を補充していくローリングストック法がおすすめです。

2)2タイプの水を備蓄しよう

【1】飲料水

断水に備えて、まずは飲料水を用意しましょう。1人あたり必要な水は、1日3Lと言われています。1週間分として、1人あたり21L、2Lのペットボトル10〜11本になります。家族の人数分の水を備蓄しておきます。

また、給水時に必要になる給水タンクや給水袋も準備しておきましょう。

【2】生活用水

飲料水とは別に生活用水も必要ですが、トイレで使用する水などは必ずしもきれいな水でなくても良いので、お風呂の残りや雨水を利用できます。お風呂の残り湯もすぐに抜かずに、いつも張っておくといいですね。

パスタの種類

3)食料は何が必要?主食・副菜を考えよう

1日3食、1週間分を、家族の人数分用意しておきましょう。1週間分というと、かなりの量を準備しなければならないように感じるかもしれませんが、実は普段から家庭の冷蔵庫にあるものや、普段使っている食品の数はかなりあるのです。

それらを含めて足りない物を用意し、使ったら補充していけば、無理なく1週間分の食料を備蓄することができます。

【1】主食

主食については、普段家庭で食べているものを中心に考えると、特別に用意するものはそれほど多くはありません。1日3食を7日間、1人当たり21食分を家族の人数分用意しておきます。

研がずに炊ける無洗米や、小麦粉、インスタントラーメン、乾麺、パスタ、パックご飯などですが、水やガス燃料を節約するために、乾麺では素麺、早ゆでパスタなどが効率よく使えます。

調理できない状況では、水やお湯を加えるだけで食べられるアルファ米の防災食はとても便利です。おかずなしでも食べられる炊き込みご飯やピラフなどもあるので、用意しておくと安心です。また、レトルトのおかゆがあると、お子さんや高齢者にも安心です。

【2】副菜

(1)たんぱく質が摂れるもの

たんぱく質を摂るために、肉類ではミートソース缶、ささみ水煮缶、焼き鳥缶などのおかずになる缶詰や、レトルトのカレー、牛丼の素などを用意しておくといいでしょう。

魚類では、ツナ缶、鯖缶、秋刀魚の蒲焼や味噌煮缶、レトルトや缶詰のおでんなどがあります。また、大豆の水煮缶やミックスビーンズ缶は、スープなどに入れて一緒に食べられるので便利です。

ロングライフ牛乳は、お店では冷蔵のスペースで販売していますが、常温保存できます。

(2)野菜

非常時になかなか摂れないのが野菜類です。しかし、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎなどの根菜類は、常備している家庭も多いのではないでしょうか。

常に少し多めに用意しておけば非常時にも役立ちます。野菜ジュースをストックしておけば、飲むだけでなくスープや雑炊などにも利用できます。

(3)間食

チョコレートやクッキー、飴、キャラメル、フルーツの缶詰、常温保存できるゼリーなどの甘い物もぜひ備蓄品に入れてください。高カロリーなので食欲がない時でも栄養がとれますし、甘いものは気持ちを落ち着かせてくれます。

(4)その他

大地震の後は気持ちが落ち着かず、何も手につかないような状態になることもあるでしょう。余震も頻繁に起こるため、調理しなくてもすぐに食べられるシリアルや「カロリーメイト」、クラッカーや、お湯を注ぐだけのカップ麺などを備蓄しておきましょう。

温かい汁ものをとると、ホッとしますよね。スープや即席の味噌汁を用意しておくといいでしょう。

トイレ

4)簡易トイレの準備を

地震で断水や下水道が使えない状態になった時、一番困るのがトイレです。生理現象ですので我慢できません。

無理に我慢したり、水分の摂取を控えたりすることが続くと、健康上の問題を引き起こしかねません。簡易トイレを用意しておきましょう。

簡易トイレにはポリマーシートタイプ、粉末凝固剤タイプ、吸水シートと袋が一体になっている吸水パックタイプなどがあります。トイレの回数は年齢によっても差がありますが、1日6回程度と言われています。簡易トイレの場合、毎回交換せずに使用する場合もあるようですが、家族の人数分のトイレを1週間分用意しておくと安心ですね。

5)日用品は何に注目すべき?チェックリスト

【1】日用品

普段使用している日用品は、多めにストックしておきましょう。

(1)トイレットペーパーやティッシュ

(2)ウェットティッシュは、ノンアルコールタイプと、除菌効果があるアルコール入りのタイプ、両方あると便利です。断水時に手洗いができないので、手指の消毒用ジェルも活躍します

(3)身体用の清拭シート・ドライシャンプー

(4)ビニール手袋は断水時の調理やトイレの処理の際に使います

(5)ラップ・紙皿・コップなどは食器を洗えない場合に備えます

(6)常備薬や救急セット

【2】その他

停電に備えて、懐中電灯の他にランタンなど灯りがとれるものがあると便利です。電池も多めに用意しておきます。スマートフォンや携帯電話の充電には、ソーラー式のバッテリーやモバイルバッテリー、手回しのラジオ付き多機能ライトなどを用意しておきましょう。

ガスの開通にはかなり日にちがかかることが予想されますし、電気やガスが復旧しない中でもカセットコンロとカセットボンベがあれば、お湯を沸かしたり、簡単な調理ができます。

また、非常用の加熱剤は、余震で火を使うのが躊躇われる時や避難場所でも食品を温めることができて便利です。ライフラインの中で、比較的早く復旧するのが電気です。そのため、電気で調理ができるホットプレートや電気ポット、IH卓上調理器などがあると便利です。

冷蔵庫 女子

7)備蓄についてのQ&A

【Q1】非常持出用の避難グッズと備蓄は同じ?

避難時に持ち出す非常持出用のリュックを準備されている方は多いでよね。しかし、大地震など大規模な災害の場合は、ライフラインがストップし、開通までには日にちがかかります。そのような状況の中、自宅で過ごすことを想定して備えておくのが備蓄です。

【Q2】備蓄品の保管場所は?

1週間分の備蓄品を1カ所にまとめると、かなりのスペースが必要になりますよね。避難時持出のリュックは避難口の近くに置くことが多いですが、備蓄品は避難持出用とは別の場所でかまいません。普段使う場所、収納してある場所に分散収納します。

【Q3】カセットコンロと水があれば調理ができるので、非常食は必要ない?

大地震の直後は余震が続き、気持ちも落ち着かず、何も手につかない状態だったりします。そんな時のために、調理せずに手軽に食べられる物も必要です。パンやクラッカー、シリアルバー、または水やお湯を加えるだけで食べられるアルファ化米やカップ麺などを用意しておきましょう。

【Q4】赤ちゃんのための備蓄品は?

物流が再開するまでには日数がかかります。水、粉ミルク、フォローアップミルク、ベビーフードなど、赤ちゃんが普段から飲んでいるもの、食べているものを、最低でも1週間分は多くストックしておきましょう。

紙おむつやおしりふきなどの日用品も、赤ちゃんに必要なものは必ず備蓄しておいてくださいね。

【Q5】防災セットに入っていないもので備蓄しておくものはある?

人それぞれ備蓄が必要なものが違ってくることがあります。例えば、女性でしたら生理用品は必要ですし、高齢者では吸水パッドやおむつが必要な方もいるでしょう。

コンタクトレンズを使用している方は、断水時の衛生状態を考えると、使い捨てコンタクトレンズかめがねを用意しておいた方が安心です。防災セットは基本的なセットと考え、自分にとって必要なものを追加して備蓄しておきましょう。






この記事のチェックポイント

【1】地震に備えて、水や食料、日用品などは1週間分を備蓄しておきましょう

【2】普段使っているものを多めにストックし、使ったら補充しておくローリングストック法なら、無理なく備蓄できます

【3】日常使っているものの備蓄とは別に、簡易トイレやランタン,防災食、スマホ充電用バッテリーなど、非常時専用の備蓄も必要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です