【3選】雪害の対策で困らない為の施策と事前準備まとめ

近年、都内近郊でも被害が出るほどの大雪が降ることがあります。また雪に慣れていない首都圏では、少しの雪でも交通機能に障害が起きたり、怪我人がでることもあります。雪が降って困らないために知っておくべきことと、事前にできる準備についてまとめます。






1)雪が降った時の外出対策 徒歩の場合

雪に慣れていない人は、雪が降った時の外出は控えるのが一番良いのですが、なかなかそうもいきません。転んで怪我をしないために、どのようなことに注意すればよいのでしょう。

【1】歩行中に起きやすい事故

雪が降った時の歩行者の事故といえば転倒事故です。路面が凍結したり、雪が踏み固められたりすることで、非常に滑りやすい場所ができます。滑りやすいのはどのような場所でしょうか。

(1)滑りやすい場所ってどんなところ?

道路では、横断歩道の白い部分や車線などの塗装されている部分は、乾いているように見えても薄い氷の膜ができていて、滑りやすくなっていることがあります。また、マンホールの蓋や側溝の網、車が出入りする部分に置かれている段差プレートなど金属製の部分も、同様に滑りやすくなっているので注意が必要です。歩道も、人が歩いて踏み固められている部分は、凍っているように見えなくても滑りやすくなっているので、確認しながら歩くようにしましょう。

(2)転びにくい歩き方のポイント

・歩幅は小さくしましょう

歩幅は小さくしていわゆる「ペンギン歩き」をしましょう。体重移動による体の揺れが小さくなるので、転びにくくなります。

・足の裏全体を地面につけて歩きましょう

膝をしっかり上げて、足の裏全体を地面に着けるようにして歩きます。かかとよりも、つま先に重心をおくような気持で一歩ずつゆっくり進みましょう。

【2】その他に注意することは?

雪道を快適に歩くために、また万が一転んだ時に怪我をしないために、服装などにも注意しましょう。

(1)服装

まずしっかり防寒をすることが大切です。寒いと無意識に体の余計な部分に力が入り、ちょっとしたことでバランスを崩してしまいます。防寒だけでなく頭部を守るためにもニット帽などを被るとよいでしょう。転んだ時に手をつけるように、手袋も欠かせません。ポケットに手を入れて歩くようなことはせず、手袋を着用しましょう。

(2)靴

靴底に深い溝のある靴を選びましょう。水が浸み込んで足が濡れてしまわないように、防水スプレーをかけておきましょう。雪が降っている最中や、深く積もっているときは長靴が有効です。靴底に溝のない靴や、地面との接地面積が少ないハイヒールなどは避けましょう。

(3)カバン

両手が空くように背負えるカバンを選びましょう。リュックサックは、滑って尻もちをついたときに頭部を守ることができるので有効です。

雪道を走る車

2)雪が降った時の外出対策 車の場合

雪道の運転に慣れない人は、車の運転は控えるのが一番です。雪が降った時に最も危険なのは、凍結していたり、雪が踏み固められてできるアイスバーンです。また、雪が降っている最中は視界も悪くなるため、より危険が増します。

【1】路面の凍結…こんな場所が危ない

・圧雪

圧雪とは雪が踏み固められた部分で、非常に滑りやすい状態です。降雪が1㎝以上あり、雪が降った後比較的早いうち(24時間以内)に形成されます。表面のみが凍っていて、運転席からは白くツルツルと光って見えます。

・アイスバーン

氷のようになった路面のことです。運転席からは透明や黒く見え、非常に滑りやすい状態です。特にブラックアイアスバーンは、運転席からはただの濡れたアスファルトに見えますが実は凍っていることがあります。非常に気温が下がった夜間や早朝、日陰などにできやすく、路面が黒く見えたら要注意です。

・信号交差点

都市部の信号交差点では、車が発進と停車を繰り返すことで、タイヤと路面の摩擦熱で圧雪や凍結が溶け、タイヤと路面の間に水の層ができることで滑りやすくなります。交差点に近づくときは、いつもより早めに減速しましょう。

・橋の上

橋は、橋の下からも熱が奪われて路面の温度が低下しやすいため、他の路面よりも凍結しやすくなっています。

・トンネルなどの出入り口

トンネルなどの出入り口は日陰になっていることが多く、局所的に凍っていることがあります。トンネルの中と外で明るさが極端に違うことで、見えにくくなっていることもあるため、トンネルの出入り口には一層の注意が必要です。

【2】見え方が変わる?

雪が降っているときは、雨とはまた違った視界の悪さがあります。降雪時の運転は、そのことを知った上で更なる注意が必要となります。

(1)視程障害とは?

空気中に雪が舞っている場合、雪によって光が散乱、吸収、反射されることで、人の目に届く光の量が晴天に比べて少なくなるため、周りの景色が見えづらくなります。これを「視程障害」といいます。

視程障害は、気温が低く風速が8m/s以上の時、大型車が雪煙を巻き上げた時、吹雪を遮るものがない平地などで起こりやすくなります。

(2)ホワイトアウト

人が物と周囲を区別するためには、色のコントラストがあることも重要な要素です。周囲が白一色になった場合、道路と景色の区別がつきにくくなるため、実際の視程よりも悪く感じることがあります。地吹雪などで視界が真っ白になり、他に何も見えなくなってしまう状態を「ホワイトアウト」と呼びます。

【3】路面凍結時や視界不良時の運転ポイント

4WD車やABS機能があっても過信せず、スピードを落とし、いつもよりも広い車間距離をとって運転しましょう。

(1)路面凍結時

急ブレーキをかけるとタイヤがロックしてしまうため、止まれなくなります。ブレーキはいつもより早めに、少しずつ踏んで止まるようにしましょう。カーブは手前で十分に減速し、ハンドル操作もゆっくり行います。

(2)視界不良時

車のライトは相手に自分の存在を知らせるためにも重要です。前の車が急ブレーキをかけたり、スリップする可能性も考慮し、スピードを落として、いつもより広い車間距離をとりましょう。トラックなどの大型車とすれ違うときは雪煙が巻き上がり視界が悪くなります。十分に減速し、ワイパーを早めに作動しましょう。車に雪が積もってきたら、早めに車を安全な場所に停めて雪を払いましょう。

ヘッドライトやテールランプに雪がつくことで、周囲の車から見えにくくなります。またルーフに雪が積もると、ブレーキをかけた時にフロントガラスに落ちてくることがあります。一瞬で前が見えなくなるので非常に危険です。

(3)疲れたら休憩をとる

雪道では、いつもより緊張した運転が続くため、疲労がたまります。疲れを感じたり、運転に危険を感じたら、道の駅やパーキングなどの安全な場所に車を止めて休みましょう。路上での駐停車は危険なので、絶対に止めましょう。

【4】必要な装備

雪道を運転するときには、様々なアクシデントにも対応できるように、装備や道具を備える必要がありますが、まずは何よりもタイヤの装備を整えなくてはなりません。

(1)タイヤチェーン

雪道の走行に対して、最も有効なタイヤの装備はチェーンです。タイヤチェーンには金属製と、ゴム・ウレタン製のものがあります。金属製の方が滑り止めの効果は高いのですが、ゴム・ウレタン製の方が乗り心地はよいです。また、チェーンの形状にも種類があり、金属製にははしご型、亀甲型、リング型、ゴム・ウレタン製にははしご型、ワンタッチ型、ネット型などがあります。

いずれの物も、タイヤのサイズに合ったものを購入する必要があります。タイヤにチェーン装着する際には、一緒にジャッキも必要です。最近ではジャッキアップ不要で装着できるタイヤチェーンもあるので、あらかじめチェーンの装着方法は確認しておきましょう。

(2)スタッドレスタイヤは?

スタッドレスタイヤは0℃以下の低温でも硬くなりにくい特殊なゴムで作られており、大きくて深い溝で雪を踏み固めたり、タイヤ表面で氷をひっかくことで、雪道や路面の凍結などでも高い能力を発揮します。スタッドレスタイヤは、必ず4輪セットで装着しましょう。

装着の際にはすり減り具合も確認します。雪道に限らず乾燥した道の走行も可能ですが、ハンドル操作やアクセル、ブレーキの感覚がノーマルタイヤとは異なるので注意が必要です。タイヤチェーンと比べると、雪道の走行パワーはチェーンの方が上です。

雪かき

3)雪かきに必要な対策は?

雪が積もった時に必ずやらなくてはならないことが雪かきです。雪かきはかなりの重労働であり、怪我をしないために十分な注意が必要です。

【1】雪かきをする際の注意事項

・準備運動をする

雪かきは重労働です。重い雪を運ぶために力むと、血圧も脈拍も上昇します。体へ急激な負担がかからないように、準備運動をしてから雪かきを始めましょう。

・服装に気をつける

雪かきをしていると、気温が低くても体が温まり、汗をかくこともあります。体温調節がしやすいように重ね着をしておきましょう。

・体調管理をする

雪かきをするときは複数人で行い、お互いの様子を確認しながら進めましょう。ゆっくりと会話ができる程度のペースで、無理をせず、作業中に異常を感じたら作業を中断して休みましょう。水分補給も大切です。

【2】雪かきでやってはいけない事

・水やお湯をまく

一時的に雪は解けますが、その後、再度凍ってしまうとツルツルになってさらに危険です。

・自分の家の前だけをやる

できればご近所と相談して、地域の人たちが通る場所は手分けして雪かきをしましょう。また、たまった雪は数日間溶けずに残る場合があります。雪を積んでおく場所は通行の支障にならないように配慮が必要です。

・一人でやる

雪かきは、明るいうちに複数人で行いましょう。万が一の事故の際に、発見が遅れて命にかかわる場合があります。

スノーブーツ

4)雪が降る前に準備しておきたいグッズは?

雪用グッズは、雪の予報が出てからでは売り切れてしまう商品も多いため、早めに準備しておく方が安心です。

【1】歩行に備える

・スノーブーツ

防寒と転倒防止のためには必須です。レインブーツで代用が可能な物もありますが、雪がある程度積もった場合は、履き口が絞れるタイプの方が雪が入る心配がありません。

・靴用アタッチメント

手持ちの靴底に装着する滑り止めです。つま先だけのタイプと靴底全面のタイプがあります。雪道以外では、逆に滑りやすくなることもあるので、道の状態に応じて取り外しすることが必要です。

・杖

通常の歩行用の杖でも有効ですが、登山用などの地面との接地部分が金属刃の物はさらに安心です。

【2】車に備える

・解氷スプレー

フロントガラスが凍り付いてしまった時に、素早く溶かすことができます。

・スノーブラシ

車に積もった雪は、降ろしてから走り出さないと危険です。ブラシ部だけでなく、スクレーパーやスポンジなどが付いているものが便利です。

・軍手とゴム手袋

防寒と防水のため、軍手とゴム手袋を重ねて使用すると便利です。

・スノーヘルパー

タイヤが雪にはまってしまった時に、タイヤの下に噛ませて脱出を補助するものです。万が一のために積んでおくと安心です。事前に使用方法を確認しておきましょう。

【3】雪かき・除雪に備える

・スコップ

金属製とプラスチック製が売られています。金属製は硬くなった雪を砕くことができますが、スコップ自体が重いのが難点です。プラスチック製は軽いですが、壊れやすいため、両方を使い分けるのがよいでしょう。雪の予報が出ると、ホームセンターなどでは売り切れてしまうことがあるので、早めに用意しておきましょう。

・スノーダンプ

大量の雪を一度に移動できます。大きさも形も様々なので、自分の体格などに合わせて使いやすいものを選びましょう。

・雪下ろし棒

屋根の雪が落ちてくると、大きな事故につながることがあります。屋根に上って雪下ろしをするほどではない場合には便利です。

・園芸用化繊ほうき

雪が少量で固まってしまう前にほうきで掃いておくと、その後の雪かきも楽に済むことがあります。特に玄関まわりなどは、雪が降り始めたらこまめに履いて掃いておくと安心です。

・融雪剤(塩化カルシウム・塩化ナトリウム)

雪の降り始めや雪が降った後にまくと、路面に氷雪が固まりにくくなったり、積もった雪が溶けやすくなり、雪かきがしやすくなります。塩化カルシウムと塩化ナトリウムでは作用がやや異なるので、用途に合ったものを選びましょう。

車 タイヤのチェーン

5)雪害の対策その他に関するQ&A

【Q1】高速道路のチェーン規制は、スタッドレスタイヤなら大丈夫?

高速道路では「冬用タイヤ規制」「全車両チェーン装着規制」等、降雪時は規制が実施されることがあります。「全車両チェーン装着規制」の場合は、スタッドレスタイヤを履いていても、タイヤチェーンの装着が必須です。冬季、高速道路を走行予定の時は、タイヤチェーンを必ず積んでおきましょう。

【Q2】自宅の雪かき後、雪の処分方法は?

自宅の雪は、自宅敷地内の隅に積んでおきましょう。自宅内の雪を公共の道路に積んでおくことや、側溝や下水に捨てたり、河川に捨てることは禁止されています。

【Q3】雪の日の服装で気を付けることは?

防寒と転倒に注意することはもちろんですが、服の色にも注意が必要です。雪で視界が悪かったり、降り積もった雪で死角ができていて、車からは見えにくい可能性もあります。濃く、はっきりとした目立つ色の服を着たり、持ち物にリフレクター(反射板)をつけるなど、目立つ工夫をしましょう。






まとめ

【1】雪に慣れていない人は、不要不急の外出は控える方が安全です。

【2】雪道を歩くときは、滑りにくい靴を選び、服装やカバンも降雪時に適したものを選びましょう。

【3】車の運転は、路面の凍結や視界の悪さに十分注意し、いつもよりスピードを落として、車間距離を十分にとって走行しましょう。

【4】タイヤチェーンやスタッドレスタイヤなどの装備は早めに準備しておきましょう。

【5】雪かきは必ず複数人で行いましょう。たくさん積もってからよりも、降り始めからこまめに行う方が有効です。

【6】雪が降った時に必要となる道具類は、雪の予報が出てからでは売り切れてしまうこともあります。早めに準備をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です