自然災害の3種類総まとめ!被害の違いと事前準備の知識

近年日本では、今まで想像もしなかった「想定外」の規模で、様々な種類の自然災害が起きています。ひとつの自然災害が要因となり、複数の自然災害を引き起こすことで、大きな被害をもたらすこともあります。被害を最小限にするための備えについてまとめます。






1)地震災害

日本列島には多くの活断層が存在しており、いつ、どこで大きな規模の地震が起きてもおかしくありません。地震の起きるメカニズムと、それに起因する自然災害について知っておきましょう。

【1】そもそも地震って何?

地震はどうして起きるのでしょうか。地震が起きる仕組みを理解しておきましょう。

(1)地震が起こる仕組み

地球の表面、深さ5~60㎞の部分を「地殻」といいます。その地殻部分にある岩盤には力がかかっていて、その力に耐えられなくなった岩盤がずれることで地震が起きます。

(2)プレートテクトニクス

地球の内部はマントルという流動性のある物質です。マントルの上には硬い板状の岩盤(プレート)が乗っていて、その上を地殻が覆っているイメージです。地球上には数十枚のプレートがありますが、マントルの対流によって少しずつ動いています。少しずつ動きながらプレート同士がぶつかったり、すれ違ったり、沈み込んだりしています。このプレートの動きによって強い力が働くと、地震が発生します。

日本列島の下には、海側に太平洋プレートとフィリピン海プレート、大陸側にユーラシアプレートと北米プレートがあり、その4枚のプレートが付き合わさっている付近に日本列島が乗っているような状態です。このため、日本周辺ではプレートに複雑な力がかかっており、世界でも有数の地震多発地帯となっています。

(3)地震の種類

・海溝型地震

海側のプレートと大陸側のプレートが接しているところで起きる地震です。大陸側のプレートが海側のプレートに引っ張られ、大陸側のプレートが跳ね返ることで地震が発生します。地震の規模は大きくなる可能性があります。

・内陸型地震

主にプレート内ある活断層よって起きる、比較的震源の浅い地震です。地震の規模は大きくなくても、内陸部の真下で起こるため被害は大きくなる可能性があります。

(4)マグニチュードと震度

マグニチュードは地震そのものの規模を表すもので、1回の地震に対して1個の数字で表されます。その数字が大きいほど地震の規模が大きいといえます。それに対して震度は、揺れの強さを数値で表すものです。1回の地震でも測定する場所によって変わります。震源から近いほど、震度は大きくなるといえます。

【2】地震に誘発される自然災害

地震の揺れそのもので、ライフラインの停止や家屋の倒壊など人間の生活に大きな被害が起きますが、地震に誘発される自然災害についても知っておかなくてはなりません。

(1)砂質層の液状化

砂粒がお互い支えあい、そのすき間を地下水が満たしている砂層では、地震の揺れによって砂粒の支えあいが崩れ、地下水中に砂粒が浮いた状態となります。この現象を液状化といいます。地下水が地表に噴出することで、地面の沈下、亀裂、陥没などで非常に大きな地盤の変形が起きます。地下水の噴出とともに、いったん地面は泥が堆積した状態となりますが、時間の経過とともに再び地下水は沈み、地面は硬く固まります。建物が傾いたり、車などは泥水に埋まってしまうため、経済的な被害も大きくなります。

(2)斜面崩壊と地すべり

斜面表層が、地中のある面を境にして滑り落ちる現象が斜面崩壊です。一般的に土砂崩れ・がけ崩れといわれるのは斜面崩壊を指します。地すべりは斜面の大きな土の塊が非常にゆっくり動くものを指し、動きの速い斜面崩壊とは区別して呼びます。

(3)津波

海底下で発生した地震断層によって海底の地形が急激に変化すると、海面に大きな波動が生じます。これが津波です。弱い地震や震源が浅い場合、津波は発生しません。大きな津波を引き起こすのは、プレートの動きによって発生する海溝型の巨大地震です。

非常持出袋の中身

2)地震災害の事前準備と対応

地震は、いつ起きるかの予測は非常に困難です。そのため地震そのものについては、普段からの備えが大切といえます。また、地震に誘発される自然災害についても予測は困難ではありますが、その可能性については、地域のハザードマップによって知っておくことができます。

【1】地震の備えと対応

(1)地震が起きたその時

普段から、ヘルメットと懐中電灯、ホイッスル、スマートフォン、携帯電話は、すぐに手の届くところに置いておきましょう。大きな地震の場合は、頭部と足を守り、落下物などのない安全な場所に身を小さくして、揺れがおさまるのを待ちます。揺れがおさまってから、ガスの元栓を閉め、停電していたら家中のコンセントを抜いてから、ブレーカーを落とします。

水が出る状況であれば、浴槽やバケツなどに水をためておきましょう。ただし、家屋の倒壊や火事など命の危険がある場合は、命を守る行動を最優先にしてください。

(2)非常持ち出し

まずは落ち着いて、家の中の状況と外の状況を確認し、ラジオなどで情報を集めましょう。余震の可能性も考慮して、自宅避難が可能か、避難所への避難をするかを判断しなくてはなりません。避難所へ避難する場合は、非常持ち出しリュックを準備します。非常持ち出し品については、平時に十分な備えをしておきましょう。状況に猶予があれば貴重品なども確認し、戸締りをしっかりして避難しましょう。

【2】地震に誘発される自然災害の備えと対応

液状化、斜面崩壊、津波などは、地域によって危険性が異なります。普段から、自宅周辺や職場、学校のある地域のハザードマップを確認しておきましょう。

(1)液状化

液状化は地面が揺すられることが要因であるため、地震後におきます。その場所が地震後に液状化の可能性があるかどうかをハザードマップで確認しておきましょう。もともとが砂地の場所や、河川や沼地、水田だった場所を人工的に改変地した場所で発生しやすいことがわかっています。

(2)斜面崩壊

斜面崩壊についてもハザードマップを確認しておきましょう。斜面崩壊については、予兆があることがあります。渇水や湧き水、小規模の崩壊や落石、クラック、沢の水が濁る、異常な音など、違和感を感じた場合は、斜面崩壊の可能性を疑いましょう。ただしこの予兆は、数日前に起こることもあれば、崩壊1時間以内のこともあります。また、大きな地震に誘発される場合は、予兆などなく起こる場合もあります。

(3)津波

海溝型地震に誘発される津波は、非常に大規模であることが予想されます。ハザードマップと避難場所の確認をしておきましょう。避難場所の他にも、逃げ込むことが可能な頑丈な高い建物や高台なども確認しておきましょう。津波警報、大津波警報が発表された場合は、躊躇せず、高い場所に避難してください。

てるてる坊主

3)風水害とは?

風水害でまず思い浮かぶのは、台風ではないでしょうか。海水温上昇の影響もあり、近年の台風は、強さも大きさも増強しているようです。

【1】大雨

近年は、短時間で狭い地域に、非常に多くの雨が降るケースが増えています。

(1)局地的大雨

「ゲリラ豪雨」とも呼ばれます。明確な定義はありませんが、10~数10㎞の範囲で、1時間に50㎜を超える雨量が目安とされています。狭い範囲で短時間に非常に多くの雨が降ることで、河川の氾濫や鉄砲水などが発生します。また、都市部では多くの場所がアスファルトやコンクリートで、降った雨水が地中にしみ込まずに排水溝へ集中します。治水施設や下水道の排水能力の許容範囲を超えてしまうことで、建物の浸水、地下への浸水、地下鉄や道路の浸水による交通の麻痺などの被害をもたらします。

(2)線状降水帯

次々と発生する発達した雨雲が、列となって同じ場所を通過または停滞することでできる、線状に伸びる長さ50~300㎞、幅20~50㎞程度の強い降水を伴う雨域のことを指します。同じ地域を長時間にわたって雨雲が通過するため、強い雨が降り続くことで被害が発生します。

【2】台風

台風は直径が数百㎞、最大風速が17m/秒以上の熱帯低気圧です。風は台風の中心に向け反時計回りに吹きます。気圧の高い方から低い方へ斜めの方向に吹き込みます。中心に向かう気圧の傾きが大きいほど強くなるので、中心気圧が低い台風は強い台風といえます。

【3】たつ巻

たつ巻は激しく回転しながら、高速で移動する縦長の大気の渦です、上空が低温で重く、上下の対流が生じやすい不安定な大気の層があり、それをゆっくりと水平方向に回転させる力が作用するという2つの条件が揃うと発生します。激しく旋回する風と急速な気圧の低下によって、車や建物までも吸い上げて破壊してしまう可能性があります。

【4】洪水害

(1)河川洪水

大雨により河川の水位が上昇して堤防の高さを超えたり、堤防が決壊して水が溢れ出す現象です。大きな河川の堤防が決壊すると、大量の水が速度をもって一気に市街地に流れ込むため、広範囲に被害が発生します。また雨量や降雨期間、氾濫場所の地形などによっては、流れ込んだ水が引かずに被害が長期化することがあります。

大雨の降り始めから河川の氾濫が起こるまでは、ある程度の時間がかかるため、警報などの情報に従って適切な避難を行うことで、人的被害の回避は可能といえます。しかし大規模な洪水が発生した場合は、地域に甚大な被害を及ぼします。

(2)内水氾濫

局地的大雨などにより、都市部に短時間で大量の雨が降り、排水能力の限界を超えることで水が溢れて浸水が生じることを内水氾濫といいます。近年発生が増加していて、河川が近くになくても起こる水害です。雨の降り始めから短時間で発生する可能性があるため、避難が間に合わないことがあります。自宅周辺や職場、学校周辺など、自分の行動範囲周辺のハザードマップで、浸水の可能性がある場所を確認しておきましょう。ただし地上での浸水の深さは比較的浅いため、外水氾濫よりも被害は小さいことがほとんどです。

(6)高潮

台風や低気圧によって、吹き寄せと強風、気圧の低下による吸い上げによって、海面が上昇する現象です。高潮と満潮が重なると潮位はさらに高くなるため、被害が甚大化することがあります。津波との違いは、高潮は高波やうねりを伴って海面が高まるのに対して、津波は、海底の地形が急激に変化することで海面が盛り上がる現象をいいます。台風などによる海水の動きか、海底の地形の動きによる海水の動きかという点が異なります。

(7)土石流

大雨などによって水を多量に含んだ土石が、渓流に沿って一気に下流へと流れ落ちる現象です。上流部の山崩れなどが引き金となり、大きな岩や倒木なども巻き込んで流れてくることがあります。

大雨 町の人々

4)風水害の事前準備と対応

上記の風水害については、いずれも気象庁から警報・注意報などが発表されます。事前にハザードマップを確認し、早めの避難行動をとりましょう。

【1】大雨の備えと対応

激しい雨がおさまるまでは建物の中にいましょう。ただし、地下にいる場合は地上階へ移動しましょう。浸水の可能性のある場所では、建物の3階以上が安心です。

【2】台風・たつ巻の備えと対応

どちらも、屋根を飛ばしてしまうほどの強風が吹く可能性があります。落下物や飛来物に注意し、建物の中に避難します。飛ばされる可能性のあるものは、全て建物の中にしまいます。雨戸やシャッターがある場合は閉めておきましょう。飛ばされたものが窓に当たると、ガラスが割れて危険です。カーテンは二重にかけ、裾も長めにしておくと、ガラス破片の飛び散りを抑えることができます。

【3】洪水害の備えと対応

自宅や職場などが、大きな河川の近くや海の近くにある場合は、必ずハザードマップを確認しておきましょう。警報や注意報が発表された場合は、早めの避難行動を始めましょう。道路に浸水が始まってからの避難は危険です。避難に危険が伴うと判断された場合は、建物内のできるだけ高い場所へ移動しましょう。

5)火山災害とは?

日本列島には、ほぼ全域に活火山が分布しています。

【1】火山噴火

地球内部のマグマ(マントルや近くの岩石が融点に達して溶けたもの)が地表に吹き出すことが火山噴火です。噴出する力が強いほど、噴石や火砕流、爆風などの現象が起こり、大きな被害につながります。

(1)降灰

噴火などにより火山灰が降ることを指します。火山灰の堆積によって、交通障害や洗濯物が外に干せないなど生活上の不便、農作物・家畜への影響などが予想されます。眼科症状などの健康被害も起こる可能性があります。ぜんそくなどの呼吸器系の疾患や心疾患のある人は注意が必要です。

(2)火山ガス

火口から放出される気体はほとんどが水蒸気ですが、二酸化炭素、二酸化硫黄、硫化水素、塩化水素など有害な火山ガスも一部含まれています。これらの火山ガスは重いので、谷底など地形が低くなっている場所にたまっていて、人命を奪うことがあります。

(3)火砕流

高温の火山ガスと多量の火山灰などの火砕流が一体となって、高速で流出するのが火砕流です。500℃以上にもなる火砕物が高速で高温の熱風とともに噴出するため、非常に危険です。

6)火山災害の事前準備と対応

火山に対してもハザードマップが作成されています。各自治体では、ハザードマップを基に避難計画を立て、必要な情報提供をしています。家族や地域で避難訓練を行うなどの事前対策が可能です。

台風の空

7)自然災害に関するQ&A

【Q1】台風は温帯低気圧に変わればもう安全?

台風は温帯低気圧に変わっても、強風や大雨が続くことがあります。気象情報と注意し、警戒を継続しましょう。

【Q2】動物は地震を予知できる?

動物の中には、音や電磁波、匂いなどの感覚が、人間よりも鋭敏なものがいます。地震は岩盤の変形により地下水が変動し、匂いや微弱な電磁波などが発生していて、それを感じとっている可能性はあります。

【Q3】雷はどうし発生する?

雲の中でプラスとマイナスの電荷が分布し、電荷が蓄積されて限度を超えると、絶縁状態だった空気が破られて、雲と雲の間や雲と地上の間で瞬間的に電気が流れます。これが雷です。






この記事のまとめ

【1】自然災害については、災害ごとに自治体作成のハザードマップを確認しておきましょう

【2】複数の自然災害が同時に起こる可能性もあります

【3】被災のリスクが高いとわかったら、事前の備えと避難方法を家族で確認しましょう

【4】注意報や警報が発表されたら、早めの避難行動を始めましょう

【参照】

https://dil.bosai.go.jp/workshop/01kouza_kiso/hajimeni/s2.htm

http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index2.cgi?ac1=B1&Page=hpd2_tmp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です