水害の備えは何が必要?リスクに備える5つのコツとは

台風や集中豪雨によって、毎年のように日本の各地で水害が発生しています。台風や集中豪雨などで起きる水害は、天気予報によってある程度の予測が可能な自然災害といえます。水害の被害を最小限にするために、一人一人ができる備えは何でしょうか。






1)起こりやすい被害を確認しておく

自宅のある地域と、職場や学校など自分や家族が出入りする地域で起こる可能性のある被害について、あらかじめ確認しておきましょう。まずは知っておくことが、適切な備えにつながります。

【1】ハザードマップとは?

ハザードマップ(被害予測地図)は、その地域で起こる可能性のある自然災害の被害を予測して、その被害の範囲や程度を地図上に示したものです。

(1)ハザードマップの種類

ハザードマップにはいくつかの種類があります。水害に関するものは、主に河川の氾濫を想定した「洪水ハザードマップ」、土砂崩れの危険個所などを示す「土砂災害ハザードマップ」、「津波浸水・高潮ハザードマップ」などがあります。

・洪水ハザードマップ:水防法に基づいて、堤防が決壊した際の浸水想定区域とその水深を示した「浸水想定区域図」が作成されます。

・土砂災害ハザードマップ:土砂災害防止法に基づき、都道府県知事が指定した土砂災害警戒区域を地図上に示した「土砂災害警戒区域図」が作成されます。

・津波浸水・高潮ハザードマップ:主に沿岸地域での浸水地域と高波時の通行止め箇所などを示します。

(2)ハザードマップからわかること

洪水ハザードマップは多くの市区町村で作成されています。洪水ハザードマップは河川の水があふれることを想定して作ったもので、浸水が予想される場所が深さごとに色分けして描かれています。自宅や職場、学校などで浸水が予想される場所を把握しておけば、いざというときにその場所を避けて通ることができます。

ハザードマップは役所などから配布されていますので、手元にない場合は問い合わせてみましょう。現在多くの市区町村では、ホームページでハザードマップを公開しています。緊急時は浸水の状況や通行止めなどについても、ホームページ上で状況を確認することができます。

【2】避難場所・避難経路

洪水ハザードマップでは、浸水危険区域の表示と、その際の避難場所や避難経路についても盛り込まれています。いざというときに、どこを通ってどこの避難所に行くのかを確認しておきましょう。実際に行って場所を確認しておけば安心です。家族と一緒にいない時間帯には、それぞれがどこに避難するのかも話し合っておきましょう。

【3】家族内の安全確認方法

家族が離れている場合に、お互いの安全を確認する方法を相談しておきましょう。電話がつながりにくくなった場合に、各電話・携帯電話会では、災害時伝言サービスを提供しています。

(1)災害伝言ダイヤル(171)

災害の発生により、通信がつながりにくくなった場合に開始される、声の伝言板です。自分の声でメッセージが伝えられるので、安心することができます。災害時以外はサービスの提供はありませんが、体験利用をできる日があります。家族で体験使用をして、事前に使用方法を覚えておきましょう。

(2)災害伝言板(web171)

災害の発生時に、インターネットを利用して安否確認ができる伝言板です。災害時以外はサービスの提供はありませんが、体験利用をできる日があります。家族で体験使用をして、事前に使用方法を覚えておきましょう。

非常バック 中身

2)非常持ち出しリュックの準備

水害の際に自宅周辺に危険な状況が予想される場合は、早めの避難行動が重要です。避難時に持ち出す荷物を準備しておきましょう。水害のリスクが高い地域の場合は、地震などに備える非常持ち出し品とは別に、水害時避難用の非常持ち出しリュックを用意しておければさらに安心です。

【1】水害時の非常持ち出しリュック

水害時の避難は、豪雨や強風の中や、やむを得ず浸水の始まった場所を歩く可能性があります。必要最小限のものをコンパクトに詰めておくことも大切です。

(1)飲料水・食品

台風や集中豪雨などの気象現象は、数時間から数日でおさまることがほとんどですが、被害の状況によってはすぐに自宅に戻れない状況もあります。飲料水や食品も数日分を準備できれば安心ですが、避難所まで背負って歩くことを想定すると、コンパクトにまとめる必要があります。飲料水は1人1日1リットルと考えて最低でも1リットル、食品も軽くてかさばらないものを1日分を目安に準備しておきましょう。

(2)懐中電灯

避難行動は明るいうちにとることが重要ですが、停電の可能性も考えて、非常持ち出しリュックにも懐中電灯を用意しておきましょう。両手が空くように、ヘッドライトを用意しておくのも安心です。

(3)ラジオ・予備電池・モバイルバッテリー

水害時、正確で迅速な情報を得ることはとても大切です。ラジオと予備電池、携帯電話やスマートフォンの予備バッテリーを準備しておきましょう。

(4)その他

貴重品や着替えの衣類やタオルも持って行けると安心です。小さい子供がいる家庭ではおむつやミルクなども必要となってきます。必要最小限のものをコンパクトにまとめておきましょう。

【2】非常持ち出しリュックをもって歩けるか?

水害時の非常持ち出しリュックは、背負って避難場所まで移動しなくてはなりません。悪天候の中や、浸水が始まった場所を歩く可能性もあります。非常持ち出しリュックに最小限の荷物を詰めたら、必ず背負ってみましょう。無理のない重さに調整することも重要です。実際に背負って避難所までを歩いてみると、気づくことがあるかもしれません。家族に小さな子供やお年寄りがいる場合は、散歩代わりに一緒に歩いてみるとよいでしょう。

地下階段

3)家の周りの点検と整理

日頃から、自宅まわりの物や雨戸、雨どい、屋根などに痛みがないかなどを確認しておきましょう。天候が悪化してからでは間に合いません。普段から整理・整備をしておくことが、被害を最小限に食い止めることにつながります。

【1】地下室・地下駐車場がある場合

自宅に地下室や半地下室、地下駐車場がある場合は、浸水時の対策や下水の逆流対策を考えておく必要があります。浸水についてはその構造によっては、土のうを積んだり、出入り口付近を高くしておくことで水の侵入を防ぐことができる場合もありますが、止水板の設置やポンプ設備などの対策が必要な場合もあります。あらかじめ設計者や施工会社などに相談しておきましょう。

【2】停電に備える

懐中電灯などの照明は、誰でもすぐに手に取れる場所に置いておきましょう。家族全員が周知していることが大切です。ラジオと予備電池、モバイルバッテリーも必需品です。停電で水が出なくなることがあります。飲料水、簡易トイレなどの準備も忘れないように備えておきましょう。

4)情報確認の手段を確保しておく

台風や集中豪雨などの接近時は、最新の状況を知らなくてはなりません。テレビやラジオ、インターネットなどで随時確認することが必要です。あらかじめ自宅のある地域のホームページを確認しておき、注意報や警報が確認できるページを探しておきましょう。スマートフォンの防災アプリは、無料で使えるものでも警報などの通知が届く設定にもできます。あらかじめ使いやすいものを選んで、入れておきましょう。

5)避難するときのために

「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」などが出された場合は、躊躇せず避難行動を始めましょう。避難行動は明るいうちに始めることが基本ですが、必ずしもそうできない場合もあります。実際に避難するときのことを想像し、シュミレーションしておきましょう。

【1】動きやすい服装

避難時は動きやすい服装で、傘ではなく雨合羽を着用しましょう。ポンチョ型の雨合羽はリュックなどの荷物ごとかぶれるので便利ですが、風の強いときは風を受けて歩きにくい場合があります。体に合ったものを選んでおきましょう。

【2】避難時は複数人で行動しましょう

避難を始めるときにはできるだけ複数人で行動します。小さな子供や高齢者のいる家庭には、声をかけて一緒に避難できるようにしましょう。お互いに助けあう「共助」は、近隣の人たちとの普段のコミュニケーションが大切です。地域で避難訓練も実施しておきましょう。

避難 車 ミス

6)水害発生時にしてはいけない事

水害時に惨事を招かないために、絶対にしてはいけないことがあります。

【1】車で避難はしない

車が浸水するとエンジンが停止して動かなくなったり、水圧でドアが開かなくなり、外へ出られなくなることがあります。車で避難をすることは止めましょう。

【2】橋や川、用水路の様子を見に行かない

台風や集中豪雨など大雨の時に、川や用水路の様子を見に行くことは止めましょう。命を落としかねない危険な行為であることを理解しておきましょう。

7)水害の備えに関するその他のQ&A

【Q1】土のうはどうやって積むのが効果的?

土のうの結び口は、上向きにして水がない方へ倒します。すき間なく並べ、1段ごとに足で踏んで平らにします。2段目は結び口を反対向きにして置いていきます。1段目の土のうと2段目の土のうは、約1/3ずらして重ねましょう。

【Q2】出水期っていつ?

梅雨気などの集中豪雨や台風によって川が増水しやすい時期を指します。一般的には6~10月頃が該当します。

【Q3】避難で自宅を離れるときに気を付けることは?

停電時に漏電や通電火災を防ぐために、家中のコンセントを抜いてブレーカーを落とします。換気口から雨やほこりが入らないように閉めておきましょう。戸締りもしっかり確認してから避難しましょう。






まとめ

・ハザードマップを使用して、リスクの高い水害の種類と場所を確認しておきましょう。

・避難経路と避難所も確認しておきましょう。

・水害時の非常持ち出し荷物は、必要最小限のものを詰めてコンパクトにまとめましょう。

・普段から家の周りの整理と家の整備・補修をしておきましょう。

・避難するときは動きやすい服装で、複数人で行動しましょう。

・日頃から、近所の人たちとコミュニケーションをとっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です